【PHP】そのミリ秒の取得の仕方、安全ですか?

こんにちは〜

何となく釣りタイトルを作りたい気分だったので、こういうタイトルになりましたすいません。まぁ興味のある人は最後まで見てください〜(笑)


さて本題。phpでミリ秒ありの現在時刻を取得する際、どうやって取得しますか?

調べてみるとこういう感じのコードをよく見かけます。

$time = date("Y-m-d H:i:s") . "." . substr(explode(".", (microtime(true) . ""))[1], 0, 3);

出力例:2020-05-13 09:41:40.208(※アクセス時間によって変化しません。例です)

一見これでも大丈夫なように見えます。実際動いてますし。

じゃあ何がダメなのか。

explode(".", (microtime(true) . ""))[1]

ここです。

explode関数は、最初の引数の文字列で、二つ目の文字列を区切り、配列化します。

今回は、”.”(ピリオド)で、(microtime(true) . “”)を区切っています。

次に、microtime(true) 。これは現在時刻をマイクロ秒まで含めて返します。

これは、引数にtrueを指定すると、float値で返します。

1589363558.7723

こんな感じ。(編集時間バレそう)


さて、どこが問題かわかったでしょうか?

そう、microtime(true)です。これの戻り値はfloatで返すのが問題なのです。

例えば、下記はどう表示するのか。

echo 205.250; // 205.25 と出力
echo 306.100; // 306.1 と出力
echo 110.000; // 110 と出力

そう、小数点以下が.000になると、ドットが消えるのです!

ドットが消えるとどうなるかと言いますと、

explode(“.”, (microtime(true) . “”))

の値が、要素が1個の配列が返されるのです。

ということで、小数点以下が.0000の時に、下記を実行すると、

explode(".", (microtime(true) . ""))[1] //Undefined offset:エラーが起きる

まぁそもそもmicrotimeが小数点以下4桁まで出力するので、0000を出すのはごく稀ですが。

それでもエラーが起きてしまった場合、最初のコードの$timeにはnullが返されてしまいます。(warningエラーなので止まらない)

実装方法にもよりますが、時間操作で重要なコードを実行していると、大変なことになるかもしれません。(いや可視化の時間出力で重要なコードってあんまりないか・・・?)

ではどうするのか。変数に代入してifする?でもそれは面倒です。

簡単な方法があります。

ドットがなければ、ドットを作ればいいのです。(笑)

$time = date("Y-m-d H:i:s") . "." . substr(explode(".", (microtime(true) . ".000"))[1], 0, 3);

float型をstring型にしていた、 . “”に、.000を付け足すのです。

(ちなみに、.1200みたいな感じで、小数点以下が2桁になる時も3桁にしたい場合は、”000.000″にすると0埋めされますので、一石二鳥?)

こうすることで、仮にint型になるような値が返ってきても、.000が2つ目の要素となり、エラーにならずに返すことができるようになります。


改めて考えれば当たり前の配慮ですが、整数値になる可能性が1万分の1が故、あまり気付けなかった弱点です。

ちなみにこの記事を書いた理由は、このエラーが起きたからですね(笑)

唐突に予期しないところからエラーが起きてびっくりしました

ということで、またね〜





↓もしこの記事が参考になったら、下のいいねボタンを押していただけると非常に助かります!(ログイン不要)↓

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。