自動保存機能をつけてみる(忘備録)

(unity2018.2.15)

こんにちは〜

もはや忘備録ブログとなりつつあるこのサイト汗

でも毎回「これどうやるんだっけ」ってなるので、Googleに聞くより自分のブログにあった方が検索しやすいんですよヽ(;▽;)ノ

まぁ前話は置いといて、今回はUnityのクラッシュでデータ全部飛びました〜、っていう経験をまたしたので、定期的に自動保存させようかと・・・。

今日紹介するのはこちらのサイトです〜

Unityエディタにオートセーブ機能を追加する

自分もよくお世話になってるテラシュールブログさんが作ったものの一部修正版?がありましたので、そちらの方ですね。

こちらにあったGitHub のコードをコピーして、AutoSaveというファイル名のC#に貼り付けます。

ちなみにEditorでのみ使用するので、Editorファイルに入れるのをお勧めしておきますね(昔Editorファイルに入れないとエラーが出るという話を聞いた気がしますけど、別にeditorファイルじゃなくても動くんですよね・・・)

・・・あ、でもobsoleteエラー出てるやん。

バージョンが上がるとコードも変わってくるもんですね(笑)

まぁ今後書き換えた方がいいですよっていうエラーなんで、なんとかなるっしょ(笑)

あとはEdit -> Preferences…  ->  AutoSaveで設定したら終わりです♪

・・・え、Preferencesなくね??

Macの方のみですけどね。場所が違いました。

Unity > Preferencesにあります。

これでめでたく自動保存されます!

では、またね〜





↓もしこの記事が参考になったら、下のいいねボタンを押していただけると非常に助かります!(ログイン不要)↓

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。