Xcodeでビルド出来なかった時のこと

こんにちは〜

今日、Unityを2018.2.1にアップデートしてから初めてiPhoneにビルドしてみようかと思ってビルドしたら、まさかのエラーが出てきたので、それの対処方法です。

今回出てきたエラーはこちら

App installation failed

「This application does not support this device’s CPU type.」と、

「Could not write to the device.」

(調べてみると下のエラーが多く、上のエラーが数回に一回程度と言う人が多かったみたいですが、自分は上の方が多かったような気がしますが・・・(笑))

まぁ、XcodeなんてUnity→iPhoneの経由ソフトのように使っているだけなので、内容からとりあえず探ってみよう!・・・と言っても探るところもわからないので、即ググる・・・。

出てきた対処法としては、まず一つ目。

Valid Architecturesにarm64を加える。

・・・え。

Xcode内を探してみるがどこにあるか分からず・・・(探し足りないだけかもしれませんが)

二つ目。

Il2cppをMono2xに変える。

unity側の設定ですね。これを試してみようと思いましたが、変更してみると(ちなみにedit→project settings→player→Scripting Backendです)

Mono is not supported on iOS11 and above.

まさかのMonoさん、iOS11に対応していない・・・?

まぁMonoにしてもビルドはできるみたいですが、治らなかったので別の道へ。

3つ目。

容量の確認。とか、再起動、とか。

・・・Mac、iPhone共に十分(?)に空いてましたし。(再起動試してないけど)

(1GBあれば十分・・・ですよね?汗)

4つ目。

Gitから復元。

Gitってなんだろう?って思ったら、どうやらバックアップのこと・・・?

バックアップなんて取ってない自分には無理でした汗

5つ目。

Architecture: Universal に変更

edit→project settings→player→ArchitectureをARMv7からUniversalに変更する。

それでビルドすると・・・いけました!

 

よくみると・・・1つ目の対処方法と5つ目の対処方法って同じなんですよね。

無知だと、同じということにすら気付けないといいますか・・・(笑)

何はともあれ、ビルドできてよかったです(笑)

それでは、またいつか〜( ´ ▽ ` )ノ

 

☆参考サイト☆

http://d.hatena.ne.jp/kazukingband/20170901/1504223516





↓もしこの記事が参考になったら、下のいいねボタンを押していただけると非常に助かります!(ログイン不要)↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。